マウスピース矯正にかかる費用と内訳 | データから見る費用対効果

矯正治療で悩む古谷さん

最近よく耳にするマウスピース矯正って、興味あるけど費用がどれくらいかかるのか先に知っておきたいな〜なんかちょっと高そうで不安・・・!

歯科矯正医 柏先生

古谷さん、費用のお悩みですか?

実は歯科矯正治療を検討している人の中には『費用』で諦めてしまう人も多いんですよ

でも、実はそんな人々でも矯正治療ができるように様々な支払い方法があるんです。

やはり歯並びというのは見た目の問題だけでなく、体の健康にも大きな影響がありますので、できるだけ多くの人に矯正治療を受けて綺麗な歯並びを手に入れて欲しいのが歯科矯正医の願いです。

この記事では、当院も取り入れているマウスピース矯正の費用と内訳について様々な角度からご説明します。

きっとこの記事を読み終わったら、「自分でも矯正治療ができる!」と感じていただけるかもしれません。

歯科矯正治療が敬遠される理由 | 治療費と見た目

歯科矯正医 柏先生

まず最初に、この章では歯科矯正治療が敬遠される理由について解説していきたいと思います。

多くの女性は美容院やエステなどで外見の手入れに力を入れているのにも関わらず、歯科矯正治療は敬遠されているという事実があります。

女性の『美』を保つために、歯並びは非常に重要なパーツですが、一体なぜ敬遠されてしまっているのでしょうか。

この章では以下の3つの観点から歯科矯正治療が敬遠されてしまっている理由を詳しく解説します。

  • 歯科矯正治療が敬遠される2大理由
  • 女性が美容にかける費用相場
  • 見た目を気にする女性はマウスピース矯正向き

では、見ていきましょう!

歯科矯正治療が敬遠される2大理由

女性をはじめ多くの人に歯科矯正治療が敬遠されてしまっている2大理由は、その『見た目』と『治療費』にあります!

2大理由
  • 見た目
    幼少期に矯正をしている子供の多くがワイヤー矯正を利用することで、幼少期に感じとったイメージが残っている
  • 治療費
    歯科矯正費用が高い、または高そうなイメージがある

そのほかの様々な理由は以下の通りですが、歯科矯正治療を敬遠してしまう理由のほとんどを占めるのが上の二つです。

そのほかの理由
  • 治療の痛み
  • 食事や歯磨きへの影響
  • 受験や部活などへの影響

 

歯科矯正医 柏先生

以下2つの観点からすれば、多くの人が歯科矯正治療を敬遠する『見た目』と『費用』という理由は正当な理由ではないということがお分かりいただけるかと思います。

  • 女性が美容にかける費用相場
  • 見た目を気にする女性はマウスピース向き

従来の矯正歯科治療への勝手なイメージが、多くの人を歯科矯正治療から遠ざけてしまっているということがお分かりいただけるはずです。

女性が美容にかける費用相場

歯科矯正治療を敬遠する理由の一つである『治療費』ですが、実は女性が美容にかける費用相場と比較すると歯科矯正の『治療費』は安い方です。

 

 

以下の表をご覧ください。

 

歯科矯正医 柏先生

さらに歯は一生ものなので、歯科矯正治療は一度矯正すれば長い間その治療効果が続きます。

なるべく若いうちに歯科矯正をした方がその価値をより長く受給できるということですね。

短期的な経済負担はありますが、長期的な視野で考えると非常に価値のある出費となるはずですよ。

見た目を気にする女性はマウスピース矯正向き

歯科矯正の見た目を気にして歯科矯正治療を敬遠することが多いようですが、女性には特にマウスピース矯正が向いています。

『矯正=ワイヤー矯正』のイメージが強く、歯にワイヤーがついている見た目が気になって歯科矯正治療から遠のいていくのですが、マウスピース矯正であればその心配がありません。

矯正治療で悩む古谷さん

確かにマウスピース矯正であれば、目立たないし取り外せますね!

歯科矯正医 柏先生

古谷さん、そうなんですよ。

実際、幼少期から歯並びに悩んでいて矯正をしたかったという人の中には、マウスピース矯正の存在を大人になるまで知らずにいたという人もいます。

みなさん口を揃えて、「子供のころに知っていたら、やっていた」とおっしゃいます。

当院では多くの女性の患者様への治療実績がありますので、お仕事柄矯正していることを目立たせたくないという患者様もよくいらっしゃいます。

歯科矯正治療にご興味がある場合は、まずお気軽にご相談ください。

データから見るマウスピース矯正

歯科矯正医 柏先生

先ほどの章では、マウスピース矯正であれば女性でも見た目を気にせずに矯正できる上に、長い目で考えると矯正費用への投資は美容院やジムへの投資よりも安いことがわかりましたね。

ここでは歯科矯正や歯並びに関する以下3つのデータから、マウスピース矯正への投資がどれほどの価値があるものなのかを解説していきたいと思います。

  • 日本人の歯並びに対する印象
  • 恋愛でも歯並びの影響は大きい
  • 女性の成功者像には歯並びが影響している

歯科矯正を敬遠してしまう2大理由の一つである『見た目』の問題はマウスピース矯正という解決策があったので、次は『治療費』という部分へアプローチしていきます。

この章をご覧いただければ、マウスピース矯正が『治療費』に見合うだけの価値があるということをみなさんにお分りいただけるかと思います!

では、みていきましょう。

日本人の歯並びに対する印象

日本人は『歯並びは重要』という印象を持ちながらも矯正治療に消極的な人が多いことがデータから明らかになっています。

歯並びに関するデータ

マウスピース装置(アライナー)による矯正歯科治療「インビザライン・システム」を提供するアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社(東京都目黒区、代表取締役:福村敏夫)は、4月18日「よい歯の日」に向けて、日本人の歯並びについて国内外で意識調査を実施しました。
≪ 外国人が驚く 日本人の歯並び ≫
・ 「日本人は歯並びが悪い」 76%
・ 「歯並びは笑顔の魅力に関わる」 83%

≪ 矯正治療率・治療意向ともに低い日本 ≫
・ 歯並びが悪い人の治療率   米国50.0% > 中国23.8% > 日本21.3%
・ 未治療の人の治療意向     中国85.3% > 米国79.3% > 日本54.2%
・ 歯科医への相談経験      中国74.5% > 米国67.5% > 日本23.5%

≪ 歯並びの重要性については 日本でも高い認識 ≫
・ 「歯並びは笑顔の印象を左右する」    日本85.0%、米国89.0%、中国90.5%
・ 「歯並びは口腔内の健康に影響する」  日本73.5%、米国71.0%、中国70.0%

≪ 日本人は矯正治療にネガティブ - 海外とは対照的 ≫
・ 「歯並びが良くなって、うれしい」  米国76.0%、中国63.5%
「装置による不自由で、つらい」  日本63.0%

≪ 矯正装置の見た目を嫌がる日本人 ≫
・ 「装置をつけることに抵抗がある」 72.0%
・ 「目立たない装置があれば治療したい」 65.0%

≪ 一方で、日本では目立たない矯正治療の認知度が低い ≫
・ 裏側ワイヤー矯正の認知度     中国72.0% > 米国56.5% > 日本25.5%
・ 透明マウスピース矯正の認知度  米国83.0% > 中国78.5% > 日本30.5%

引用:<日本人の歯並びに関する意識調査>

 

データから紐解く日本人と歯科矯正
  • 日本人も歯並びの重要性は理解している
    重要性=笑顔の印象、口腔内の健康
  • 諸外国と比較して日本人は治療率や治療意向が特に低い
  • 日本人は矯正治療に対して『辛い』『不自由』とネガティブなイメージ
  • 目立たない装置(透明マウスピース)を知らない人が多い
矯正治療で悩む古谷さん

やっぱり矯正って聞くとあのワイヤーをイメージする人がまだ多いのかな〜。学校では教えてくれないし、幼少期のときのイメージが残っちゃうのかなあ。

歯科矯正医 柏先生

日本では矯正装置の目立つ見た目に対して抵抗感を抱く人が多い上に、目立たない矯正装置の認知度が低いのが現状です。

諸外国では矯正をすることで歯並びが良くなりその先の人生にプラスになるという印象があるようですが、日本ではまだ矯正期間中の痛みや不自由なイメージが先行してしまっているようです。

もっと多くの人がマウスピース矯正やワイヤーの裏側矯正を認知すれば、矯正治療をする人が増えていくような気がします。

でも、日本人は歯並びが『笑顔の印象』や『口腔内の健康』を左右することは理解していて歯科矯正の価値は理解しているけど目立たない矯正器具への認知度が低く装置の装着に抵抗があることで歯科矯正をしようという人が少ないのですね。

恋愛でも歯並びの影響は大きい

恋愛においても歯並びの影響が大きいことがデータから明らかになっており、マウスピース矯正には恋愛への好影響という価値が期待できるということです。

 

矯正治療で悩む古谷さん

男性が女性の歯並びを気にしているかどうか・・・気になります。これは要チェック項目です!

 

データから紐解く恋愛における歯並びの影響
  • 男性は初対面の女性の顔を事前にSNSでチェックすることがある
  • 整った歯を見せている笑顔は歯並びが悪い笑顔より好印象
  • 綺麗な歯は知的・美人・上品・清楚などのイメージがある
  • 年収の高い男性は女性の歯並びを気にする傾向が強い
参考にしたデータ

マウスピース装置(アライナー)による矯正歯科治療を提供するアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社は、25~39歳の就職している男女600名を対象とした、インターネットによる「SNSの写真に対する印象」に関する意識調査を実施したところ、以下のような調査結果が得られました。

 

SNSを使用する際の写真について
・男性が初対面の女性に会う前に相手のSNS写真をチェックする : 28.3%
・SNSに登録している人の中で、自身の顔写真を公開している女性 : 25.6%
⇒ 女性は初めて会う前からSNSで顔写真をチェックされている!

様々な“笑顔”に対する印象について
・自分の写真を他人から見られる際に与えたい印象で最も多かったのは「かわいらしい」
・“歯を見せていない笑顔”より“歯を見せている笑顔”へ「かわいらしい」印象を持つ人は29.5%多い
・“歯並びが良い笑顔”は“歯並びが悪い笑顔”より、「上品」な印象を12.1倍与えやすい
・“歯並びが悪い笑顔”は“歯並びが良い笑顔”より、「幼い」印象を10.8倍、「品がない」印象を5.6倍与えやすい
⇒ “整った歯を見せた笑顔”の写真は好印象を与えられる!

収入による、男性が持つ女性の笑顔に対する印象の変化について
・女性の歯並びが“気になる”のは、年収が「399万以下」より「700万以上」の男性の方が12%多い
・年収「399万以下」の人の歯並びが悪い笑顔に対する印象:「かわいらしい」40%、「品がない」13%
・年収「700万以上」の人の歯並びが悪い笑顔に対する印象:「かわいらしい」27%、「品がない」21%
⇒ 年収の高い男性は、歯並びが悪い女性に悪印象を持ちやすい!

引用:<11月8日は「いい歯の日」!あなたのSNS写真…大丈夫ですか?>

歯科矯正医 柏先生

古谷さん、恋愛面においても歯並びはやはり重要ということがお分りいただけたかと思います。

男性が初対面の女性と合う場合は事前にSNSをチェックしているようなので、普段からSNSにあげる写真には注意が必要ですね!

女性の成功者像には歯並びが影響している

女性の歯並びの良さは『女性の成功者像』に結びついていることを示すデータがあり、綺麗な歯並びの女性ほど成功している女性のイメージがあるということが分りました。

 

矯正治療で悩む古谷さん

歯並びが悪い女性は逆にあまり成功していないように見られてしまうかもしれないの・・・?そんなのいやだ〜!

 

データから読み解く女性の成功者像
  • 成功するためには見た目の良さが重要と考える人が多い
  • 『社会的な成功をおさめている女性=歯並びが良い人』というイメージが強い
  • 日本において『歯列矯正へ抵抗』を示す人は減少傾向にある
  • 実際に歯列矯正患者は増加しており、マウスピース矯正を選択する人がほとんど
データ

マウスピース装置(アライナー)による矯正歯科治療を提供するアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社は、「成功者に求められる“歯並び”に関する意識調査」を実施しました。調査では、日米合計800人にアンケートを行い、“成功者”と「歯並び」についての関係を探りました。また、歯科医師18名に対して歯並びに関するアンケート調査を実施し、医師の視点による歯列矯正の現状を探りました。

< 日米800名に対する調査結果概要 >
◆「成功者の見た目は重要」が8割
「成功するためには見た目の良さが重要」と回答した人は、日米合算で8割。
アメリカで65%、日本で95%と、“成功者”に対して、見た目を重視する日本人の傾向が伺えました。

◆「歯並び」は“成功”の証!?特に、女性の“成功者”像に歯並びが強く影響
「歯並びの良い人」「歯並びの悪い人」「真顔の人」の3枚のパネルを見せて、「社会的に成功していると思う人」を聞いたところ、女性に対して70%の人が「歯並びが良い人」を選択。
これは男性の55%と比較すると、1.3倍となりました。男女に向けられる視線に、大きな違いが見られました。

◆日本の 「歯列矯正への抵抗」は4年半で16%減少。
アメリカでは「歯列矯正に抵抗がある」人が23%なのに対し、日本では50%以上が「抵抗がある」と回答。
また、2012年3月に実施した調査で同じ質問を行ったところ、「歯列矯正への抵抗」が72%と、
4年半で日本の「歯列矯正への抵抗」が16%減少したことが分かりました。

< 現役歯科医師に対する調査結果概要 >
◆成人の歯列矯正は増加傾向に
現役の歯科医師18名にアンケートを取ったところ、「ここ数年で成人の歯列矯正患者数は増えている」という回答が100%でした。また、その中でも、目立ちにくい「マウスピース型矯正装置を選択する方が増えている」という回答が100%でした。

 

歯科矯正医 柏先生

社会で成功してそうなイメージと歯並びに関係があることがお分かりいただけましたか?

日本では歯並びが良い方が社会的なイメージが良いのにもかかわらず、まだまだ歯列矯正に抵抗がある人も存在することも事実です。

しかし、年々歯列矯正患者は増えており、その中でもマウスピース矯正を選択する人がほとんどです。

歯列矯正の懸念部分であった『見た目』の問題を解決したマウスピース矯正があることで、『矯正をすることによって得られる価値』をより多くの人が手に入れやすくなったということです。

矯正治療で悩む古谷さん

マウスピース矯正をしたら色々な効果が期待できるとわかったけど・・・それでもやっぱり費用が不安。早く知りたい!

歯科矯正医 柏先生

古谷さん、やっぱり費用が心配ですよね。

この章をご覧いただければ安くはない治療費用を支払ってマウスピース矯正をする価値があることは十分お分かりいただけたかと思いますが、『費用』が負担になって治療に前向きになれない人もいるかと思います。

でも、安心してください。

矯正費用は一度に払わない方法も選べるんですよ。

次でマウスピース矯正にかかる費用と内訳を詳しく説明しますので、ご覧ください。

マウスピース矯正にかかる費用と内訳

最後の章では、マウスピース矯正にかかる費用と内訳を以下の項目に分けて詳しくご紹介します。

  • 歯科矯正の種類
  • マウスピース矯正にかかる費用と内訳
  • マウスピース矯正にかかる費用相場
  • マウスピース矯正費用をデンタルローンで支払う
歯科矯正医 柏先生

『費用』はマウスピース矯正を敬遠してしまう理由の一つですが、支払い方法に選択肢があることを知っておけば矯正治療に踏み切る勇気が出るかもしれません。

『知らないからできない』のと『知っていてやらない』のでは大きな違いがあります。

まずは、この章を読んでマウスピース矯正にかかる費用と内訳について一緒に勉強しましょう。

歯科矯正の種類

現在、歯科矯正治療で用いられる手法は主に以下4つとなります。

 

  • マウスピース矯正
    透明なマウスピースを用いた矯正
  • 金属ブラケット矯正
    金属のブラケットに金属ワイヤーを通す矯正
  • 審美ブラケット矯正
    透明や白の目立ちにくいブラケットにワイヤーを通す矯正
    (場合によってはワイヤーも透明のものがある)
  • 裏側矯正
    ワイヤーを歯の裏側に通す矯正

 

歯科矯正医 柏先生

昔は『金属ブラケット』が一般的でしたが、近年は『マウスピース矯正』『審美ブラケット矯正』『裏側矯正』を扱う歯科医院も増えて一般的になっています。

昔の矯正と言えば『金属が目立つし痛そう』というイメージのワイヤー矯正でしたが、今はどんどん進化しているんですよ。

マウスピース矯正に至っては患者さん自身で取り外し可能で、食事に何の影響もありませんよ。

 

マウスピース矯正にかかる費用内訳

では、なぜ歯科治療が高額になってしまうのをご理解いただくために、マウスピース矯正にかかる費用内訳をご説明します。

▼費用内訳
  1. 相談料(カウンセリング料)
    患者さんの歯並びに関するお悩みをヒアリングした上で、必要な矯正治療の流れなどをポイントに絞ってご説明する際の料金です。
  2. 検査料(精密検査費)
    現在の歯並びの状況確認を行うため、歯やその周辺の骨格のレントゲン撮影やCT撮影などを行う際の料金です。
  3. 診断料(診断費)
    検査結果から現在の歯並びの状況を説明したり、最適な矯正方法や治療プランや費用などをご説明する際の料金です。
    ※歯科医院によっては、『検査料』と『診断料』は一緒になっている場合有り
  4. 矯正装置料および矯正装置装着の費用(各矯正方法で異なる)
    矯正治療で一番費用がかかる部分です。矯正方法で異なるため『施術手法別の費用相場』でどれくらいかかるのかチェックすることをおすすめします。
  5. 調整料(矯正管理料)
    定期的に矯正装置を調整したり、お口の中を管理する料金です。治療の進行をチェックするのに必要な費用になります。毎回必要になる医院と調整料が『矯正装置料および矯正装置装着の費用』に含まれている医院があります。
  6. 保定装置料
    歯列が安定するまでに保定装置を使用する際の装置料です。
  7. メンテナンス料(診察料)
    矯正治療後の歯並びの状態などをチェックする際の診察料です。
歯科矯正医 柏先生

費用内訳ご理解いただけましたか?

この中でも、『矯正装置料及び矯正装置着用の費用』が最も高額になる部分です。

それでは、その『矯正装置料及び矯正装置着用の費用』が一体いくらくらい必要になるのか、それを次でご説明します。

マウスピース矯正にかかる費用相場

矯正治療で悩む古谷さん

なんの費用がかかるのかは何となく理解できたけど、実際どれくらいかかるのかなあ〜

歯科矯正医 柏先生

古谷さん、ご安心ください。

実際にマウスピース矯正にかかる費用相場をご紹介しますね。

マウスピース矯正の費用だけを見てもわかりにくいと思うので、他の矯正方法と比較しながら見れるように表にまとめました。

 

矯正方法別費用相場の比較表

矯正装置料のみの金額 部分矯正の費用相場 全体矯正の費用相場
マウスピース矯正(当院) 30万円〜60万円 80万円〜90万円
金属ブラケット矯正 10万円〜30万円 60万円〜90万円
審美ブラケット矯正 15万円〜35万円 65万円〜95万円
裏側矯正 20万円〜60万円 120万円〜150万円
矯正装置料

高額な矯正歯科治療の多くのウェイトを占めている費用

 

歯科矯正医 柏先生

マウスピース矯正は金属ブラケット矯正と比較するとやはり少し割高ですが、裏側矯正と比較すると割安ということです。

ただ、マウスピース矯正では治療期間が明確になっておりや事前に仕上がりを確認できるので、最初の費用から追加で費用が発生することはトラブル以外にほとんどありません。

一方で、金属ブラケット矯正や裏側矯正などは医師が歯の動きを見ながら矯正完了のタイミングを決めていくので、『いつ終わるのか』、『最終的にいくらかかるのか』が不明確なのです。

そのように考えると、マウスピース矯正はお金の動きが先にわかるのでかなり精神的に楽な矯正方法であると言えますよ。

マウスピース矯正費用をデンタルローンで支払う

マウスピース矯正費用の支払いにはデンタルローンを利用することができます!

デンタルローンとは歯科治療に特化したローンのことで、治療費を信販会社が立替払いしてくれるサービスです。

矯正治療で悩む古谷さん

これなら一気に支払いしなくて良いってことですね!ちょこちょこ返していけるなんて、助かります・・・!

歯科矯正医 柏先生

そうなんですよ。

一時的な経済負担が大きいという方は、デンタルローンを利用すれば手数料などはかかってしまいますが必要な治療を受けられるんです。

お金がないから後回しにするのではなく、少しずつ返していく選択肢もあるということです!

では、参考までに当院でデンタルローンで支払った場合のお金の流れをご紹介します。

ちなみに、当院は『新生銀行 アプラス』を採用しているため、デンタルローンをご利用の方は4.3%で計算することになります。

八重歯矯正治療をデンタルローンで支払った場合(金利4.3%)
  • 借入金額:500,000円
    返済回数 60回(5年)
    月々の支払金額は9,200円(初回のみ13,750円)

 

  • 借入金額:1,000,000円
    返済回数 60回(5年)
    月々の支払金額は18,500円(初回のみ21,600円)

 

治療費用(借入金額) 返済年数 返済回数 月々の支払額 初回のみ
500,000円 5年 60回 9,200円 13,750円
1,000,000円 5年 60回 18,500円 21,600円

 

歯科矯正医 柏先生

部分矯正、全体矯正共にそれぞの費用相場を例にしたので想像しやすくなりましたね。

部分矯正で50万円費用がかかる場合には月々9,200円を5年間支払い続け、全体矯正で100万円費用がかかる場合には月々18,500円を支払い続ける必要があります

これはそれぞれの歯科医院が採用しているローン会社の金利や借入金額によって左右されるので、ご注意くださいね。

矯正治療で悩む古谷さん

月々の返済金額を見るとちょっと安心しました・・・!これなら私でもできそうです!

歯科矯正医 柏先生

よかったです!

さあ、ここまでご覧いただければマウスピース矯正にかかる費用と内訳に関する理解が深まってきましたね。

マウスピース矯正自体の費用は特に他の矯正と比較して安いわけではありませんが、デンタルローンを利用すればその費用面での負担を分散させることができます。

それでは最後にこの記事をまとめていきます!

まとめ

歯並びが良いことで様々なメリットがあることを再度ご確認いただけたのではないかと思います。

それでは、最後にまとめていきます!

まとめ
  • 歯科矯正治療を敬遠する主な理由は『見た目』『費用』
  • マウスピース矯正なら見た目を気にする女性におすすめ
  • 歯並びの良さは社会におけるあらゆる好印象に繋がる
  • 歯科矯正は高額な治療だがそれと同等、それ以上の価値がある
  • 矯正費用はデンタルローンで一時的な負担を減らすことが可能

 

歯科矯正医 柏先生

当院が取り扱っている『マウスピース矯正』は透明なので、まず多くの人が懸念する『見た目』の問題がありません。

また、『費用』面でもデンタルローンを利用して一時的な負担を軽減することができますので、矯正をご検討されている方はお気軽にご相談くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



あなたの歯はどのタイプ?
お悩み別「症状と治療例」
お悩みに近い症状をクリック
してください
当院で行った実際の治療例の
ビフォーアフターをご覧いただけます