dhc

dental health care

市川駅前
矯正歯科

新浦安駅前
矯正歯科

dhc
矯正歯科 浦和

お知らせ

全て
メディア
ニュース
ブログ
記事一覧を見る

矯正治療について

透明に近いマウスピースを装着していくことにより、歯を移動させる治療方法です。 ワイヤー矯正との大きな違いは、患者さまご自身で矯正装置の取り外しが可能であることです。

詳しく見る

特徴

1
マウスピース矯正歯科専門
のクリニック

私たちは開院時よりマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)を用いた矯正治療に特化しているクリニックです。
歯科医院には総合的にすべての歯科治療(矯正歯科含む)を行っているクリニックと、一部の診療(矯正歯科・インプラント・根の治療等)に特化しているクリニックが存在します。
私たちのクリニックは矯正歯科を専門で行い、さらにワイヤーを用いた矯正方法ではなく、半透明で取り外しもできるマウスピースで矯正治療を行います。
私たちがマウスピース矯正専門で治療を行う理由は、歯科医師・スタッフともにマウスピース矯正治療に関する専門的な知識・技術・ノウハウが蓄積され、結果として患者さまにより良い医療を提供できると考えているためです。

2
マウスピース矯正治療を
成功に導く最新の技術と設備

インビザラインシステムはこれまでのワイヤーによる矯正歯科治療とは全く異なる治療法です。
厚さが0.5㎜~0.75㎜のマウスピースを1週間ずつ交換することにより、歯を正しい位置に移動することができます。
1枚のマウスピースで動かす歯の移動量は最大で0.25㎜のため、ワイヤー矯正と比べて痛みを感じにくいと言われています。
0.1㎜単位の精密な治療計画を立案するために、3D口腔内スキャナ(iTero element)でお口の中のデータを取得し、クリンチェックと呼ばれるアラインテクノロジー社独自の3D治療計画システムを通じて、治療完了に至るまでの総合的な治療計画を作成・検討を行います。
これにより精度の高く、よりスピーディーな治療を提供できると考えております。

3
部分矯正から難易度の高い症例まで
幅広く対応可能

私たちのクリニックには、できるだけ費用を抑えて前歯だけきれいにしたい患者さまや、難しい歯ならびの為マウスピース矯正装置では治せないと説明を受けた患者さまも多くご来院されます。
マウスピース型矯正装置での治療をあきらめかけている方、ぜひ一度ご相談ください。
2016年9月に市川駅前矯正歯科を開院して以来、6歳から60歳代まで多くの患者さまの治療をさせていただいており、インビザライン治療の実績は県内トップレベルとなっております。

※2017年 プラチナエリートプロバイダー
  2018年 ダイヤモンドステータス 
  2019年 ダイヤモンドステータス

プラチナエリートプロバイダーとは、インビザライン(マウスピース矯正)を用いた症例数が(年間80~149症例)に、ダイヤモンドステータスとはインビザライン(マウスピース矯正)を用いた症例数が(年間150~399症例)に達しているインビザライン・ドクターにのみ与えられる称号です。
千葉県を本拠地とする矯正歯科クリニックでは市川駅前矯正歯科が初めての受賞医院となりました。(2018年11月時点)