矯正治療について

HOME矯正治療について無料初診の流れ料金Before / AfterホワイトニングQ&Aスタッフ紹介医院紹介予約

24時間
WEB予約
受付中

お問い合わせ

矯正治療の種類

Avatar

ワイヤー矯正 -表側-

歯の表側にブラケットを呼ばれる矯正装置を付けて、そのスロットにワイヤーを通して固定。それによりワイヤーの力が歯に伝わり、結果として歯が移動するシステムです。

Avatar

ワイヤー矯正 -表側-

表側に装置をつける矯正治療と比べると、ほとんど他人からは装置をつけていることが認識できません。そのため矯正治療期間中の審美性を重視する患者さまに適した治療方法です。

Avatar

マウスピース

透明に近いマウスピースを装着していくことにより、歯を移動させる治療方法。ワイヤー矯正との違いは患者様ご自身で矯正装置の取り外しが可能であることです。ほとんど気づかれることはございません。

マウスピース矯正(インビザライン)とは

薄く透明なマウスピース型の矯正装置を歯に装着して歯並びを矯正する、画期的な矯正方法です。 患者様ごとのお口の状態に合わせて、高度な治療計画に基づいて製作されるオリジナルのマウスピースで、無理なく少しずつ矯正を進めてまいります。

Mouthpiece

マウスピース矯正のメリット

merit
Demerit

マウスピース矯正の
デメリット

ご自身で着脱可能のマウスピースを使用するため、患者様の協力度に依存する治療法になります。1日あたりの装着時間20時間を日常的に下回ると治療期間が延長するばかりでなく、治療結果を保証することができません。またワイヤー矯正と比べると比較的新しい治療法のため、治療成績や予後が不確定です。
Period and frequency

矯正期間と通院頻度

目標までの歯の移動量や動きやすさは個人差がありますが、おおよそ2年~2年半程度が目安です。インビザラインでは1回のマウスピース交換で、0.25mm程度とわずかな移動距離ですが、独自のクリンチェックシステムにより、最短ルートで効率的に移動させるので、一般的な矯正治療の期間と比べても大きな差はありません。治療開始前に明確な治療期間がわかるので安心して治療に臨むことができます。

Correction of children

子どもの矯正について

大人の矯正との違い

Avatar

友人や知人に気づかれにくい

思春期の頃は殊更に外見を意識しがちなものですが、そこで矯正装置の目立つ治療を行うことで、コンプレックスやいじめといった問題を招くおそれもあります。透明で目立ちにくいマウスピースは、こうした問題を生じさせません。

Avatar

スポーツ・習い事の際も安心

f金属製の凹凸のある矯正装置では、激しい運動中に口の中を傷つけてしまう可能性もあります。インビザライン・ティーンでは取外し可能なため、こうした心配もいりません。

Avatar

痛みも少なく煩わされない

色々とやらなければならない10代にとって、痛みに煩わされるのは辛いことです。学業やスポーツなどに集中するための痛みの少ない治療をご提供します。

Question and answer

Q&A

歯列矯正は何歳までできるの?

content 歯列矯正は何歳までできるの

歯列矯正治療は何歳から始められるの?

content 歯列矯正治療は何歳から始められるの

衛生管理について

hygiene management

使い捨て用品によって接触感染を防止

うがい用のカップやグローブといった滅菌処理に適さない性質の備品は、使い捨てのディスポーザブル品を用いることにしております。使い回しは接触感染を招くので絶対に致しません。

清潔な院内を保つための毎日の清掃

器具や空気だけではなく院内全体を清潔に保ち、快適に治療を受けていただくために、毎日の診療前後にスタッフ全員で院内の清掃を行っております。

空気清浄機を待合室に設置

医療施設には多くの患者様がいらっしゃいます。このような不特定多数の人々が集まる場所では、空気中に蔓延するウイルスの対策も必要となってきます。そこで当院では待合室に空気清浄機を設置することで、ウイルスの空気感染も徹底して防止致します。