矯正治療について

Orthodontics

矯正治療の種類

ワイヤー矯正 -表側-

歯の表側にブラケットを呼ばれる矯正装置を付けて、そのスロットにワイヤーを通して固定。それによりワイヤーの力が歯に伝わり、結果として歯が移動するシステムです。

ワイヤー矯正 -裏側-

表側に装置をつける矯正治療と比べると、ほとんど他人からは装置をつけていることが認識できません。そのため矯正治療期間中の審美性を重視する患者さまに適した治療方法です。

マウスピース矯正

透明に近いマウスピースを装着していくことにより、歯を移動させる治療方法です。患者様ご自身で矯正装置の取り外しが可能です。ほとんど他人から気づかれることはございません。

マウスピース矯正 (インビザライン) とは

透明なマウスピースを使用して歯列矯正を行うマウスピース矯正(インビザライン)は、アメリカ・ヨーロッパをはじめ、全世界で700万人以上の患者様に愛用されております。私たちが数あるマウスピース矯正システムの中からインビザラインシステムを使用する理由は、品質・精度ともに優れ、またインビザラインシステム提供元のアライン・テクノロジー社はマウスピース型矯正装置製造の世界的シェアがトップであることです。

※アライン・テクノロジー社とは、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)を提供する世界的企業です。インビザラインシステムは、1999年にアメリカ、2001年にヨーロッパで販売を開始。 日本では2006年から導入されています。

マウスピース矯正
のメリット

目立たない

透明に近いマウスピースを用いるため、他人から気づかれにくいです。

痛みが少ない

精密に作製されたマウスピースを使用し、強すぎない矯正力で歯を移動させます。

通院が少なめ

通常月に一度の来院頻度ですが、治療計画やご協力度によりさらに少なくすることが可能です。

いつも通りに
食事ができる

ご自身で取り外すことができるため、矯正治療を始める前と同じように食事することができます。

取り外しが
可能で衛生的

マウスピースを取り外してブラッシングをすることができるため、むし歯になるリスクも低いです。

金属アレルギー
の方も安心

金属アレルギーで矯正治療をあきらめていた方も、美しい歯並びを手に入れることができます。

マウスピース矯正
のデメリット

ご自身で着脱可能のマウスピースを使用するため、患者様の協力度に依存する治療法になります。

1日あたりの装着時間20時間を日常的に下回ると治療期間が延長するばかりでなく、治療結果を保証することができません。

ワイヤー矯正と比べると比較的新しい治療法のため、治療成績や予後が不確定です。

矯正期間と通院頻度

前歯のみの部分矯正は6ヵ月~1年、全体矯正では1年~2.5年ほど治療期間を要します。 通院頻度は月に一度が基本です。

※一般的な数値であり、個々の患者様により異なることがあります。

子どもの矯正について

お子さまの歯科矯正治療では治療を開始する時期はいつが適切か、
どのような装置を使用するのかを多くの保護者様は疑問に思われています。
歯科医師によっても考え方が異なるため
いくつかのクリニックへ相談へ行けば行くほど迷ってしまうという声もよくお聞きします。
ぜひご納得いくまで歯科医師とカウンセリングを行い、治療を開始してください。

歯の生え変わり

乳歯から永久歯に生え変わる際のタイミングを利用して、スムーズに歯列矯正治療を進めることができる場合があります。
8歳~9歳のタイミングで歯並び相談をしていただくことを推奨しています。

成長の予測

お子さまの最終的な身長の予測が困難であることと同じ理由で、上あご・下あごの成長予測も不確定な要素を含みます。
担当医とよくご相談の上、矯正治療開始時期をお決めください。

協力度

お子さまの矯正歯科治療は、大人の治療よりもモチベーションを維持することが難しいことがあります。
矯正歯科治療を始める時期や装置は、お子さまの性格やモチベーションも踏まえて決定することが大切です。

Q&A

Q歯列矯正治療は何歳から始められるの?+

A歯列矯正治療は、第1期治療と第2期治療に分類されます。
第1期治療は6歳頃から開始する場合が多く、将来永久歯がきれいに生えそろうように、顎の発育を適切な成長へと導く治療を行ないます。
成長の過程を観察しながらの、ゆっくりとした歯列矯正治療となります。
永久歯への生え変わり時期に始める歯列矯正治療は、非抜歯矯正治療が可能となる確率が高くなるため有効であると考える矯正歯科医もいます。
第2期治療では永久歯の歯並びや噛み合わせを整える治療を行ないます。
永久歯が生えてくるのにあわせて、歯並びが悪くなる場合が多いため、一般的にこの時期に治療を始める患者様が多いです。
年齢としては個人差が大きいですが、10歳から12歳が多いと考えます。

Q歯列矯正は何歳までできるの?+

A実は歯列矯正治療には年齢制限はありません。
このようにお答えすると驚かれる患者様が多いです。私の経験上ですが、歯列矯正治療は子供や若い世代のする治療と考えていらっしゃる患者様が大多数です。
もちろん、歳を重ねるごとに歯周病のリスクが高くなったり、歯の本数が少なくなる傾向にあることは事実です。
大切なことは、歯列矯正治療を開始するにあたり歯周組織(歯茎)の状態を精査することや、矯正治療後の未来を予測しながら、患者様に歯列矯正治療を選択することが適切であるかも含めて総合的に診査・診断し、治療計画を作り上げることです。

マウスピース矯正Q&Aをもっと見る

衛生管理について

清潔な院内

徹底した清掃が行き届いた院内は、落ち着いた雰囲気の空間になっております。

個別包装滅菌

治療器具は、滅菌器を使用し徹底的な衛生管理を行います。治療器具を個別包装し、治療直前に開封するようにしています。

ハンドピース滅菌

感染対策としてハンドピースに関しても全て個別包装にて滅菌を行っております。